天たつの汐うに(しおうに)の取り寄せはある?通販サイトやお値段はいくら?

この記事は2分で読めます


ども、てぃずです。

先程、テレビの番組表をみてると『バナナマンのせっかくグルメ』の宣伝でちょっと気になる映像が流れました。

土屋太鳳さんにインタビュー受けている奥様方が、福井県のおすすめを聞くのですが、その内容に「天たつのしおうに」と紹介されていたんです。

「しおうに」、もう名前からして美味しそう…食べたい…ネット注文したい(笑)

ということで、今回は、福井県のおすすめグルメ商品「天たつのしおうに」のお取り寄せ方法について、番組より一足先に調べてみました!


スポンサードリンク

『天たつのしおうに』って?

お取り寄せうんぬんの前に、そもそも、「天たつのしおうに」ってなんなのか調べてみました。

近年の漁獲量の減少から非常に希少になりつつある福井県産バフンウニ。その福井県産のバフンウニの中でも特に厳選して本当に良いバフンウニだけを集め、江戸時代から続く昔ながらの製法「塩蔵法」にて仕上げた越前仕立て汐うにを天王屋吉兵衛と名付けました。

引用元:天たつ

正式には『汐うに』とのこと。『塩』ではないんですね。福井県産の「バフンウニ」を使用しているそうです!バフンウニって高級食材ですよね!一度でいいから、丼いっぱいのご飯の上にいっぱい乗せてかきこんでみたい…。

話を戻しまして、「汐うに」そのバフンウニを更に厳選し、低音で1年間熟成して作成するそうです。長い年月をかけて作るんですね…。手間暇かかっています。

ちなみに、「汐うに」意外にも「干うに」や「粉うに」など、バフンウニを使った珍味を作っているようです。まさに、うに専門店ですね。そんなうに専門店の「天たつ」さんは、創業200年以上の歴史ある老舗なんだそうです!

お取り寄せ方法は?

さて、次に取り寄せ方法です。方法は以下の通り。

  • 電話(平日・土曜 9:00 – 18:00)
  • FAX
  • 公式ページによるネット通販

電話からネットまで、お取り寄せは簡単にできそうです。

ちなみに、ネット通販についてですが、こちらは公式ページからの購入がおすすめかと思います。というのも、Amazonや楽天であるかどうか調べてみたのですが、販売元が「高島屋」だったり、別の類似商品がたくさん出てきたりして、どれが「天たつ」のものだかわからないんです。なので、ここは公式ページで買うのが確実で安全かと思います。


スポンサードリンク

ずばり!そのお値段は?

さてさて、気になる汐うにのお値段なのですが…

  • 30g 10,800円(1gあたり360円)
  • 48g 16,200円(1gあたり337.5円)
  • 100g 32,400円(1gあたり324円)

すべて税込み価格でございます。高級食材のバフンウニを使って、1年間手間ひまかけて作るのですから、これぐらいの値段はするかと思います。というより、これは個人的な意見ですが、ウニってそんな頻繁に食べる食材じゃないでしょうし^^;

歴史ある製法で熟成された雲丹

今回は、福井県の「天たつの汐うに」について調べてみました!あ、公式ページを紹介するの忘れてました(笑)

「天たつ」公式ページ

高級食材のバフンウニを手間ひまかけて作った高級食材であり、電話やネットで取り寄せ可能であることがわかりました。

値段的には、頻繁に買えるようなものではありませんが、一度試しにとか、誰かのプレゼントとかに買ってみてはいかがですか?

ちなみに、福井県に行けば店舗もありますので、旅行等で訪ねた際、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょう?

てぃず

※記事中の画像は「天たつ」の商品ではございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。