スポットクーラーは効果ない?家庭用や値段もサイズも気になる!

この記事は2分で読めます


ども、てぃずです。

最近、特別警報が出るほどの豪雨など、天変地異かと思うほど天気が荒れてますね…。今の時期は台風なども発生するので、外出等に気をつけたいのですが、これから気をつけなければならにのは、熱中症ですよね。毎年、夏になると猛暑で熱中症になる人が続出で、よく救急車を見かけるような気がします。

熱中症って外出先でなるイメージがありますが、そんなことはなく、室内にいても熱中症になる恐れがあります。そのため、室内を適温にするため、エアコンが大活躍するのですが、家の作りによっては、取り付けできないというところもあるのではないでしょうか?

そんな中でよく検討されるのが、「スポットクーラー」です。スポットクーラーは、エアコンの専用コンセントがなかったり、室外機が置けなかったりする部屋にも設置することができる置き型クーラーで、よく工場やアミューズメントパークとかで見かけたりします。

スポットクーラーは、家庭用もあるそうなのですが、その効果っていったいどれくらいのモノなのでしょうか?今回は、そのスポットクーラーの効果や値段等について調べてみました。


スポンサードリンク

スポットクーラーの仕組みと効果

まず、仕組みについてですが、皆さんが知っている一般的なエアコンとほとんど変わりません。吸気をし、熱を取り出して空気を冷たくし、それを室内に提供する。熱は別のところに排出されます。

「お!エアコンと同じ仕組みなら、スポットクーラーでいいじゃん!」と思った方、実はこれには一つ問題があるのです。

先ほど、「熱は別のところに排出」と言いましたが、エアコンは「室外機」を使って、室外に排出されます。しかし、スポットクーラーには室外機はございません。では、どうするかというと、「同じ室内」か「太いホース等を使って室外」に排出する必要があります。それぞれの排出について少し考えてみましょう。

熱を室内に排出した場合

ご想像通りですが、「熱を取り除いた空気」と「取り除かれた空気」が混ざるので、室温は変わりません。というより、冷気が出ている部分以外は、熱くなってしまうでしょう。そのため、そのまま設置して使うというのは難しいのです。

室外に排出した場合

この場合、一般的なエアコンと同じ仕組みになるので、部屋は涼しくなるでしょう。しかし、熱を逃がす排気口が必要になるため、壁に穴をあけるか、窓に排気するための器具をつけるかなどの作業が必要になってきます。窓から排気するとなると、置く場所も限られてきちゃいますね。

置いただけじゃダメ

てなわけで、効果のほどですが、排熱対策をちゃんとすれば、一般的なエアコンと同じような効果が得られるようです。多少、置き場所の検討や設置の作業がかかりますが、自分自身でもできるようなので、そこはメリットと言えると思います。エアコンって工事費高いですから…。


スポンサードリンク

スポットクーラーの値段

次に気になるのが、お値段。ネットショップにはなりますが、Amazonと楽天にあるスポットクーラーのお値段を調べてみました。

Amazonスポットクーラー一覧

楽天スポットクーラー一覧

大体、3~5万円といったあたりでしょうか、エアコンに比べると少し安いという印象です。

スポットクーラーは「エアコン取り付け不可」向け

今回は、スポットクーラーについて調べてみました。

仕組みや効果は、「排熱をしっかり」すると、エアコンと同じ効果で、値段はエアコンよりちょっと安いぐらいということがわかりました。

これを見る限り、スポットクーラーは「どうしてもエアコンが部屋につけられない」といった人に向けのようですね。「置いただけでいけるんでしょ」、「エアコン付けれるけど、工事費かかるよ~」などの理由では、あまりおすすめできそうにないです。

今年の夏も熱くなりそうなので、エアコンが取り付けれない部屋にお住まいの方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

てぃず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。