レジ袋の収納を手間なくコンパクトする方法とは?

この記事は2分で読めます


ども、てぃずです。

普段、スーパーで買い物するともらえる「レジ袋」。この袋を家のゴミ袋代わりに再利用するために、すぐ捨てずに置いとく人もいかとおもいます。僕もそうで、ゴミ袋はもちろん、荷物送るときに緩衝材代わりに使ったりするので、多くあるほど助かるんです。

なんですが、ほぼ毎日、スーパーで買い物するので、消費が追い付かないので溜まっちゃうんですよ。それで、たくさん溜まりすぎて、結局、まとめて捨ててしまうですよね。ずっと置いとくと場所も取りますし、ちょっと見栄えも悪いし…

ただ、「あるモノ」使うと、かさばるレジ袋がコンパクトかつ簡単に収納できるようになるんです。しかも、取り出しも簡単で、見栄えも圧倒的によくなります!

今回は、そのレジ袋の収納方法を紹介します!


スポンサードリンク

一番有名な「三角折り」

レジ袋収納で真っ先に思いつくのは、「三角折り」ではないでしょうか?

三角折りは、レジ袋を縦に追って細長くし、そこの部分を三角に折って、その三角を重ねるように繰り返し折っていき、持ち手の部分まで到達したら、余った部分を三角のところに入れ込むという方法です。

こうすると、袋が手のひらサイズになって、収納しやすくなります。見栄えもきれいなので、この方法を使っている人は結構多いと思います。

しかし、これを毎回やるの面倒じゃないですか?貰うたびに折って折って折って…。僕は一時期これやっていたのですが、三日坊主でしたw

今回紹介したいのは、この方法じゃなくて、もっと簡単でもっとコンパクトになる方法です。


スポンサードリンク

「三角折り」せずにレジ袋を収納する

今回、紹介するレジ袋の収納方法には、実はあるもの使用します。

それは、「ティッシュ箱」です。いま、レジ袋と空いたティッシュ箱があるという方は、用意して、次の手順に沿って、ティッシュ箱に袋を入れてみてください。

まず、レジ袋を棒状にしてティッシュ箱に入れてください。この時、取っ手が箱の外から少し出るようにしてください。

次に、別のレジ袋を、さっきのレジ袋と同じように棒状にしてください。最初の袋と同様に、箱に入れるのですが、さっき箱に入れた袋の取っ手に通して入れてください。あ、これもさっきと同じで、箱から持ち手を出してくださいね。

後はこれの繰り返しです、普通のティッシュ箱だと、20袋ぐらい入るかと思います。「まだ、余ってるー」って人は、別の箱を用意するか、いっそのこと、捨ててしまいましょう。またどうせ溜まりますw

ティッシュ箱から取り出すときは?

さて、ティッシュ箱に収納したレジ袋の取り出し方たですが、ティッシュのように、箱から出ている取っ手部分を引っ張ってください。すると、次の服るの取っ手がでてくるかと思います。

はい、これだけです。すごく簡単じゃないですか?収納するときは、取っ手に通して入れるだけ。取り出すときは、取っ手を引っ張るだけ。三角折りも必要ありません!


スポンサードリンク

箱を変えればオシャレにも!

今回紹介したレジ袋収納の方法ですが、ティッシュ箱を色や柄に分ければ、オシャレや袋の大きさ、用途別に分けたりと、自分なりの工夫ができて片づけが少し楽しくなるかもしれません。

家にかさばっているレジ袋があれば、一回試してみてはいかがですか?

てぃず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。