鳳月杏(ほうづきあん)の経歴は?演技や性格も悪い?悪役(ワル)っぷりとは?

この記事は2分で読めます


現在、兵庫は宝塚大劇場で上演中の「MESSIAH(メサイア)」「BEAUTIFUL GARDEN」にてすごい悪役を演じる宝塚スターが注目されてます。

その名も、花組・鳳月杏(ほうづきあん)さん!

記事によると、「救いようのない悪役」「気持ちいいほどの悪」と高評価を得ているそうです。

宝塚といえば、「男役」でピックアップされて人気になったりしますが、「男役」よりも「悪役」でピックアップされるのは珍しいですよね?

今回は、その名悪役・鳳月杏さんについて調べてみました!


スポンサードリンク

鳳月杏のプロフィール

まずは、プロフィールからです↓

  • 宝塚歌劇団:第92期生・花組・男役スター
  • 誕生日:6月20日
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 出身校:国府台女子学院中学部
  • 血液型:A型
  • 身長:172cm
  • 初舞台:2006年3月「NEVER SAY GOODBYE」
  • 好きだった役:月雲の皇子」の穴穂皇子、「スターダム」のリアム・ソーンドレイク
  • 愛称:ちなつ

引用元:宝塚歌劇 Official Website
   『宝塚おとめ 2017年度版』宝塚クリエイティブアーツ、2017年、22頁

身長172cmとさすが高身長ですね!男性平均よりもあります!

初舞台が2006年ということなので、12年も宝塚にいるんですね!

ちなみに、現在は「花組」ですが、2014年まで「月組」にいたそうです。

芸名の「鳳月杏」についてですが、「鳳」という字が使いたく、また「杏」という字は「ローマの休日」のヒロインからとってきたそうです。母親といっしょに考えたそうですよ。


スポンサードリンク

宝塚入団を目指したきっかけ

鳳月さんは小学2年のころに宝塚を知りました。最初はテレビをみて大好きになったそうで、親が録画したビデオを毎日みていたほどのハマりっぷりだったとか!

中学2年のころに将来を考えた際、ハマっていた「宝塚」が脳裏に浮かびます。前まではテレビやビデオでの視聴でしたが、ここで思い切って1人で宝塚の舞台を見に行きます!中学生で千葉から兵庫へ一人旅!すごい行動力です!

生で公演をみて「ここに入る!」と受験を決意。1年間、歌の特訓を始めます。あ、ダンスに関しては3歳からクラシックバレエを習ってたそうです。

そして、めでたく合格!入団して今や花組の男役スターに至るというわけです。

さんの演技力についてですが、周りから絶賛の声をいただいているようです↓


スポンサードリンク

これからの鳳月杏に注目!

今回は鳳月杏さんの経歴について調べてみました!

幼いころからバレエ経験もあり、また、宝塚に対する情熱は計り知れないものですね!

演技力に関しては、尊敬する先輩・明日海りおさんにも絶賛の声を頂いているようです!

現在、鳳月さんが上演している舞台は、現在もやっているそうなので、興味がある方は一度観にいってみてはいかがでしょうか?

てぃず

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。