ファイナルファンタジー初心者が手を出さない方がいい作品とは?

この記事は2分で読めます


ども、てぃずです。

以前、FFやってみたい人向けに、何がおすすめか、というのを紹介させていただきました。

ファイナルファンタジーをやってみようと言う人にオススメの作品は?

今回は、その逆で、「はじめからこれに手を出さない方がいいよ」と言うのを3つ紹介したいと思います。なお、以前の記事と一緒で、今回も「あくまでてぃずの意見」で参考にしていただくと幸いです^^;

あと、「初心者」とか「初めてやる人」に「ちょっと待って!」、と言う話で、「作品自体面白くないよ」ってことでは絶対にないです。


スポンサードリンク

紹介その1:ファイナルファンタジー2

FF2はファミコンで発売されました。

FF2はナンバリングの通り、2作目なんですが、いきなり「レベル」と概念が消えます。

他のRPGとかにも多いですが、FFって基本的に、レベルが上がると、キャラクターの能力が全体的に上がって強くなっていくのですが、FF2に関しては、「戦闘の仕方」で味方の強さが変わります。さらに、能力だけではなく、何を装備するかによって、キャラクターの特徴が変わってきます。

キャラクターの育て方が自由になるので、人それぞれの楽しみ方ができるゲームなのですが、その分、あまりシンプルではないので、最初からいきなりやると心折れちゃうかもしれません。

また、FF2から初めて別シリーズをすると、なんか物足りなくなる可能性もあるかもです。(レベルをあげて物理で叩くだけなんて!みたいな…^^;)

なので、何か別のを1作やってみてからプレイしてみてはどうでしょうか?ストーリーは2作目にしてかなりよくできてますし、BGM「反乱軍のテーマ」とか名曲ですよ^^

紹介その2:ファイナルファンタジー8

FF8はプレイステーションで発売されました。ディスクが4枚となかなかのボリュームです。

FF8は、「レベルさえあげれば強くなる」が一蹴されてしまいます。というのも、こちらがレベルがあがると、モンスターもレベルが上がるからです。

味方を強くするには、「ジャンクション」といって、敵からパクった魔法を各能力に装備しなければなりません。魔法をとることを「ドロー」というので、 FF8を「ドローゲー」と言う人もいますw

個人的な話ですが、僕はこのシステム全く理解できてなくて、「レベルをあげて物理でたたけー!」ってやってたら、見事に撃沈しましたw

ただ、ストーリーがそれはもう良く作り込まれていて、今でも議論が繰り広げられる超大作です。どんな議論かは、ネタバレになるのでプレイしてからのお楽しみで^^(繰り返しプレイするといいかもです。)

あと、サブゲームに「カード」があるんですけど、これがよくできてる!めっちゃ面白いですよ!本編ほったらかしでずっとこれやってましたしw


スポンサードリンク

紹介その3:ファイナルファンタジー12

FF12はプレイステーション2の作品です。

これまでのFFは、外とか洞窟とか歩いていると、「エンカウント」といって、モンスターが現れて戦闘してましたが、FF12は外に出ればモンスターがうろうろしてて、戦闘画面とかにならず、その場で戦闘になります。

これはこれで面白いのですが、他のシリーズと大幅にシステムが変更されているので、「初めてFF」というのでは、あんまりオススメしてないです。これ最初にやって、別のFFやったら戦闘にシステムに慣れにくいと思いますw

それでも、全部面白い!

冒頭にもいいましたが、これらのFFが面白くない訳ではないです。ただ、「初めてやるぞー」に」ちょっと待って!」と言いたいだけです。なので、以前に紹介したシリーズやそれ以外のシリーズをやってみてからでも全然遅くはないと思いますよ^^

クリスタルの加護あれ!

てぃず

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。