料理別たまごとは?卵かけごはん用だけじゃない!

この記事は2分で読めます


ども、てぃずです。

男の料理…それは…卵かけご飯である!はい!TKG!TKG!…ごめんなさい、自重します- -;

僕は料理はあまりしない方で、仕事終わりに食べるものといえば、コンビニ弁当やうどんなんですが、ほぼ絶対というぐらい、卵使います。コンビニ弁当のご飯を茶碗に移して卵かけご飯にするとか、釜玉うどんとか。賞味期限が切れそうなときは、ゆで卵にして塩かけて食べたり。

卵ってそれ以外にも、親子丼とかオムレツ、スクランブルエッグなど、和洋中全般に使用される、もはや必要不可欠な食材ですよね。最近では、卵かけご飯専用のたまごとか出てきたりして、中には1個500円以上する高額のものもあったりします。

そんな卵ですが、実は今、先ほどの「卵かけご飯専用」だけでなく、「親子丼用」とか「ゆで卵用」など、それぞれの料理に適した卵があるのをご存知でしょうか?

今回は、その「料理別たまご」について紹介いたします!


スポンサードリンク

料理別たまごってなに?

料理別たまごは、卵かけご飯やオムレツ、ゆでたまごなど、それぞれな卵料理に適した卵であり、なんと83種類もあります。卵それぞれの色や大きさ、黄身の色の濃さなどが異なり、卵に個性があります。

スーパーに置いてある卵も色が白と赤があったり、Lサイズとか大きさが違ったりしますよね?あれがさらに細かく違っていると考えてもらえばイメージしやすいかもです。

その個性によっておいしくなる料理も変わってきて、「その料理に適した卵」というのができるわけです。

なんで個性がでるの?

卵は生産地や育て方、エサ、母鳥の種類・年齢などによって変わってきます。人間も育ちや食べ物によって変わってきますよね。卵もそれと同じなのです。

それで、「卵かけご飯には、このエサ使えばおいしくなる」という感じに、育て方を決めているわけです。ちなみに、「卵かけご飯専用たまご」は、しょうゆに合うように少し味濃く作られているそうですよ。エサに海鮮系の粉末をつかっているとか。

どこで手に入るの?

そんな「料理別たまご」ですが、「たまごのソムリエ 小林ゴールドエッグ」さんからお試し品が発売されています。

たまごのソムリエ

お試しセットでは、「卵かけご飯」「ゆで卵」「親子丼・かつとじ」「めだま焼き」「オムレツ」の5種類の料理別たまごが用意されています。お値段は送料無料で1,980円。1個400円ほどと、普通の卵よりちょっとお値段高めですが、どれもお家で手軽に作れる料理なので、一度試してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

個性のあるたまごで料理も個性的に

今回は「料理別たまご」について紹介しました。

普段は、「かけてまぜて終わり」とか「ゆでて放置で終わり」など、簡単に料理が出来上がってしまうので、何気なく食べてしまう卵ですが、一度、そんな卵料理に個性をつけてみませんか?

ちなみに、僕は、卵かけご飯を作るとき、気分によって、ご飯に卵をかける順番を変えたります。先にといてから入れたり、ご飯に卵かけてしょうゆかけてから混ぜたり。

実はこれだけで、味が変わるんですよ?よかったら試してみてください^^

ちょっと余談になってしまいましたが、ニワトリさんに感謝して、おいしいたまごライフを!

てぃず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。