ダーツの初心者が上達するための簡単な練習方法とは?

この記事は2分で読めます


ども、てぃずです。

以前に、ダーツが的に刺さりすらしない人に向けて記事を書いたかと思います。今回は、ダーツに慣れてきて、「的には刺さるようになったけど、狙ったところにはまだ行かない」と言う人に向けて、その練習方法や心構えを紹介します。

この記事読んだ後に、実践してみて周りより少し飛び抜けて、友達とかに自慢できれば幸いです^^


スポンサードリンク

上手くなるために使用する台

普段、ダーツをするときは、ほとんどの方がバーとかネカフェとかではないでしょうか?そんでもって、そこに置いている台って、だいたいが「Darts Live」と「PHOENIX DARTS」だと思います。

「練習するとき、どっちの台がいいの?」とか気になる方もいるかもしれませんが、正直、どっちでもいいです。なぜなら、練習するゲームは、どちらの台にも共通してあるからです。

上手くなるために使用するゲーム

みんなとゲームするときは、だいたい「ゼロワン」と「クリケット」だと思います。「上手くなるぞー!」って気合い入れて、どっちかのゲームをひたすら練習しがちなんですが、練習するときに使用するゲームは、この両者のどちらでもありません。

では、何を使用するかと言うと、「カウントアップ」です。

ゲームとしては、「得点多い方が勝ち」という、超シンプルなゲームなんですが、これをひたすらやることで、腕は上達いたしますし、狙ったところにダーツが入るようになってきます。また、カウントアップって自分がどれだけ上達したかが点数で出るので一目瞭然ですし、その日のコンディションとかもチェックできます。

「ゼロワンとクリケットは練習しなくていいの?」と思う方もいるかもしれませんが、狙ったところにほとんどカスリもしないと言う人は、カウントアップで練習してください。あ、「上手くなるまで、ゼロワンとクリケットやっちゃだめ!」と言うことではないので、気軽に取り組んでくださいね^^;


スポンサードリンク

カウントアップで練習する方法は?目標は?

カウントアップで練習する時にやること。それは、「ひたすらブル(真ん中)めがけてダーツを投げる」と言うことです。

本当にこれだけです。とにかく真ん中狙ってください。いつか真ん中がなくなっちゃうんじゃないかと思うくらいに投げてくださいw

ブルって中心だし小さく見えて難しそうに感じますけど、実は、「狙おうと思って入れる」ところで一番簡単なのって、ブルなんです。というより、ブルにある程度安定して入れれるようになると、他の狙いたいところ狙っても入るようになります。

そして、目標なのですが、8ラウンドで600点目指してください。ブルだけ狙ってですよ?

8ラウンド600点というのは、1ラウンド平均75点必要で、3回投げて1回はブルに入れて欲しい、という計算になります。こうなると、1ラウンドに1回はブルに入るようになってるので、友達と遊んでいる時、自分の出番が回るたびに、1回はブルの爽快音がなって、まわりから「すげぇ」ってなものになります。友達がプロとかそう言うのだったら別ですよ?w

600点を安定的に超え始めると、他のところ狙っても、入らなかったとしても近くには入るようになっているはずです。そんでもって、「苦手な場所」がわかってきはじめるので、そうなったら次の練習をすればいいのです。まぁ、ここまできたら、かなり本格的になり始めてきてしまうのですがw


スポンサードリンク

ダーツ上達して周りの人を見返しちゃえ!

僕は、最近の「二次会御三家」って「カラオケ、ボーリング、ダーツ」だと思っていて、この中で一番手軽なのってダーツだと思ってるんです。カラオケは音痴とか直すの大変だし、ボーリングは、毎回どっか通うとなると、結構お金かかるし…

なので、周りよりちょっとかっこよく抜きん出たい人は、ダーツをちょっと練習して、狙ったところに入るようになれば、少しは周りも「意外な一面…かっこいい…」てなもんになるんじゃないでしょうか?(単純過ぎw)

まぁ、「周りに良くみられなくてもいい」と思ってたとしても、「ダーツが少し上達した」という実感がわくと、自分に少しは自信もついてきたりしたりもします。点数がはっきりでるので、わかりやすいですし。

それでは、素敵なダーツライフを♪

てぃず

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。